« 明日は御前崎 | トップページ | ドイツ・ランドに行ってきた »

2005.08.10

8月8日 御前崎

7月4日に携帯メールになぶらさんから8月8日に第8開成丸を仕立てたので一緒にどうかとお誘いが入った。カレンダーをみると月曜であったが1ヶ月先であれば調整が付くと判断し参加を決めた。
例によって釣りものはそのとき釣れているもの。
鰹の回遊を期待したが、残念ながらオキアミでは釣れないとのことでメダイ・ヒメダイ狙いと前日連絡が入った。
通常夕食は22時頃であるが、前日は17時目標とし、購入した生ゴミ処理機を設置。
予想以上に時間がかかり、釣りの支度で精一杯。仕掛けの自作が出来なかった。
釣具屋でワラサ仕掛けとして売られているものがそのまま使える。お店で一つ購入することにする。一本針であれば、その場で作成可能であるが、一投目の時間短縮計画。
ヒメダイはイサキと同じ。こちらは前回のあまりがあった。

この船に乗る際は、御前崎で素泊まりし、4時釣具屋集合に間に合わせるのであるが、今回は家族との夕食を優先した。結局夕食は19時からとなり、20時就寝。翌0時起床、1時出発。
トラックが多くペースは遅めであったものの3時半には集合地点釣具屋へ到着。
ここで異変。
4時開店の釣具屋であるが、4時に開かない。店の人もいない。
おそらく月曜が定休であろうと判断し、別の釣具屋へ急行。しかし、この店は仕掛けが高価。
結局、オキアミとホタルイカ、イサキ仕掛けと、釣りの雑誌1冊で約2000円の出費。

港に着いた頃には明るくなりかけていた。夏至の頃に比べ随分日が短くなってきた。
今回は、釣り座決めじゃんけんでトップ。左舷ミヨシを選択した。
金洲のポイントには、実釣開始6時の少し前に到着。
メダイ仕掛けを作成していたら、6時をすぎてしまった。
 !!! 購入した筈のオキアミ、ホタルイカが見あたらない。
どうやら車に置いてきたようだ。購入して助手席へ。その後雑誌以外はトランクに移動したがそのまま置いてきたらしい。
そうと分かれば、撒き餌のオキアミから凍った部分をタッパへ入れクーラーボックスへ。後半戦のためにキープ。そして、万一の鰹に備えて持参したカタクチイワシをイカの代わりにセット。

しばらくすると周りでメダイがヒット。
片口は、大きなサバに人気なのか40センチオーバのゴマサバか、お祭りのため仕掛けが沈まなくて苦労する。
やっと、ポイント100mに沈めた時、左隣で釣っていた方にヒット。今回初めて沖釣りとのことで船酔いに苦しんでいたが、たいしたものである。
と、感心していたら私の竿にももぞもぞとメダイの感覚。思わずあわせてしまった。
(メダイは餌を端から食べもぞもぞの後竿が絞り込まれる、早合わせはバラシの原因)
残念、餌の付け直しかなと巻き上げはじめると突然の抵抗。ばれていない。
このときは、マダイ竿でも柔らかいヘルバイパーI使用であったが柔らかさに救われた。ばれてなかった!やりとりを楽しみ、本命をゲット。
この後、オキアミや片口ではサバばかりなので、釣れたサバにてメダイ餌を作成。
船長から指摘されるまで尾っぽ側を針掛けするという基本を忘れ、お祭り連チャンもあったが、メダイをもう一尾追加。
70センチクラスのメダイは2尾で十分である。進呈するあてはなくはないもの・・・
今日は、メダイの活性が高いので予備に持参したリーオマスター270MLCに竿をチェンジ。
オキアミ忘れの悲しみもあり、休み休みサバ餌を作りながら釣っていたら、またもぞもぞのあたりの後あっと言う間に竿先が海中へ持って行かれた。またもやメダイである。
ヘルバイパーに比べ、リーオマスターは堅めだと思っていたが70センチのメダイ相手では大きく変わらない。バイパーはグリップから、リーオはグリップの先からグニャリと曲がる。若干リーオの方が相手を浮かす感覚が強いが、ドラグもきつめのメダイ相手ではたいした差ではない。いつか真鯛で試したい。
釣り座が良いおかげで、メダイ釣りはとても楽しめたが、今夜提供可能なメダイの嫁ぎ先を真剣に考えていた。後一尾追加するとマジで厳しいかもしれない・・・。
と、思いながら結局仕掛けを落としてしまう。釣り人ってこうですよね・・・
そして、やはりアタリ。しっかり待って、待って、待ってもどすんとこない。生命反応は有り。そしてサバではない。
割と簡単に巻き上げたら、赤い魚。ハチビキであった。
こいつは前回刺身がなかなか旨かった。2人では持て余すほど量がある。同じ魚が山ほどあるよりはるかに良い。

そんなころ(10時頃であったか)場所の移動とともに釣りものの変更。
ヒメダイ狙い。何度か場所を変えるが釣れる魚はサバ。
早めにヒメダイを諦め、イサキ狙いに変更したが御前崎沖へ到着したのは11時40分頃。
ラスト1時間20分。
イサキは是非ほしい。美味しいので。そして前回はお祭りでなかなか仕掛けを落とせなかったが今回は上手くやるつもり。特に策は無いが。オキアミ忘れの件もあり、ウイリー3本針仕掛け。一番下のみ空針。
2投目、イサキのビクビク。巻き上げると一番上の針。棚は13mであったが、1mほど上を基本に手で上げ下げ。そして、作戦成功。3匹のイサキがかかってきた。
この調子と頑張るが、うまくはいかない。イサキには空針+オキアミが人気のようだ。
かなり強い引きもあり、青物を期待したら、大きなイサキがついていたが残念ながら取り込みで落としたりといろいろしながら大小10匹のイサキを入手できた。
釣り雑誌をみるとイサキトップ50匹などの記事をみるが、1時間で10匹釣れれば確かに50匹は可能だと思った。(ちなみに夏の御前崎での実釣時間は6時から13時の7時間)

13時半には帰港しなぶら市場でトイレをすませ、陸っぱり掲示板によく投稿してくれる方2名にメール連絡。メダイとイサキ貰って下さいと。
私は翌日から仕事で帰宅が遅いので、本日中に何とかすることが条件。
魚好きの我が家でも、メダイは2尾が限界である。とにかく1尾を貰ってくれればの思いであったが、2件とも了解の返信。
温泉でゆっくりし、予想以上の東名渋滞に苦しめられつつ20時前川崎駅に到着。
メダイ、ハチビキ、イサキを貰って頂いた。
帰宅後すぐ、もう一件から連絡。聖蹟桜ヶ丘近辺で落ち合い、メダイ、イサキをプレゼント。お礼に自作弓角を頂いた。どうもありがとう。

帰宅は22時頃。さすがにくらくらであったが、包丁研ぎサバの処理とイサキ1を3枚におろし、イサキの刺身とカレーライスという勿体ない組み合わせで晩ご飯。メダイの処理は明日とすし、速攻爆睡。

翌日、メダイを刺身(エンガワも)で食べたが、今まで食べたメダイの中で最も美味しかった。
脂がのっている。今が旬なのかな。

あとは、生ゴミ処理機がんばれ!!

|

« 明日は御前崎 | トップページ | ドイツ・ランドに行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25992/5391378

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日 御前崎:

« 明日は御前崎 | トップページ | ドイツ・ランドに行ってきた »